リフォーム

日差し遮って、住まいを涼しく快適に!

日射遮蔽リフォーム

夏の日差しにお悩みの方へ

日射遮蔽で室温上昇を防ぐ

外からの日差しが暑い、まぶしい、冷房が効きにくい…。
直射日光が室内に入ると、室温が上昇します。
夏の暑さ対策には窓を見直してしっかりと日射遮蔽をすることが大切です。日差しを遮ることは、エアコン効率を上げ、エコで快適な住まいづくりに繋がります。

日射遮蔽リフォームは
こんな方におすすめです

  • 部屋が
    暑い

  • 西日が
    眩しい

  • 冷房の効き
    が悪い

  • 室内熱中症
    が心配

  • 外からの視線が
    気になる

あてはまる方は
是非一度ご相談ください!

画像:エアコン
出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」より

最も熱の出入りが大きのは窓。
まずは窓から熱の対策を。

実は、家の中でもっと熱の出入りが大きいのが窓なのです。夏場はなんと窓などの開口部から73%も熱が侵入しています。夏場に冷房をかけていても、部屋がなかなか涼しくならないのは、窓から太陽の熱が入ってくるのが原因です。窓の断熱性と遮熱性を高めることで、室内を心地よい温度に保ち、冷房費の節約にも繋がります。

画像:エアコン

室内熱中症から
家族を守るために。

実は熱中症の約4割は住居内で発生しています。お子さまやお年寄りが居るご家庭では、特に注意が必要です。室内熱中症にならないためには、エアコンの温度調整や水分補給はもとより、日差し対策を行うなどの環境づくりが大切です。

画像:エアコン

夏は日射を遮り、
冬は温かい日差しを取り込む。

季節によって太陽の高度は変化します。冬は夏よりも太陽の位置が低くなるので、室内まで日射が入るようになります。一年中快適な住まいにするには、シェードなどの日除けを取り付けて、夏は日差しをシャットアウトし、冬は日差しを取り込む工夫をすることが大切です。

日射遮蔽のポイント

窓の外側で熱をカット

夏の強い日差しや西日は、室内に入る前にシャットアウトすることがポイントです。熱が室内に入る前に遮ることで、室内の温度上昇を抑えて、室内を快適な温度に保ちます。

夏は日射を遮り
冬は取り込む

夏の嫌な日差しも冬は部屋を暖めるエネルギー源です。1年中快適な住まいにするためには、夏は日射をカットし、冬は取り込む工夫をすることがポイントです。

指只おすすめの日射遮蔽リフォーム

  • 画像:シェード

    シェードの取り付け

    カーテンやブラインドでは、室内まで熱が入ってきてしまいます。LIXILのスタイルシェードは熱の大部分を窓の外側でシャットアウトし室内の温度上昇を防ぎます。太陽の熱を83%カットし、紫外線も最大99%カットしてくれるので室内の日焼け対策にも役立ちます。

  • 画像:可動ルーバー

    可動ルーバーの取り付け

    面格子が羽根が可動式のルーバーを取り付ければ、時間帯によって日差しを調整可能です。必要な時は採光や通風も得られます。
    目隠し効果もあって視線対策にもばっちりです。

  • 画像:遮熱型のLow-E複層ガラス・ガラスフィルム

    ガラスの取り替え・ガラスフィルム

    ガラスの間にブラインドが入っているガラスや日差しや紫外線カットに有用な遮熱型のLow-E複層ガラスに取り替えたり、窓ガラスに遮熱・断熱フィルムを貼り付けることも日射対策におすすめです。

ご相談・お見積り無料です。
お気軽にお問い合わせください!

「西日が眩しい」
「部屋を涼しく快適にしたい」
住まいに関するお悩みは
指只にお問い合わせ・ご相談ください。
お客様のお悩みを解決し、
住まいがもっと快適になる
ご提案をさせていただきます。

0566-41-1756

受付時間:8:00〜18:00
定休日:第2・第4土曜・日曜

メールでのお問い合わせ
住まいをもっと快適にする指只のリフォームメニュー住まいをもっと快適にする指只のリフォームメニュー

instagram

指只公式インスタグラム(@sasitada1756)更新中!